西丹沢 大室山 加入道山 2019.06.16

 明け方までよく降った雨ですが、朝から回復する予報でしたから西丹沢に出掛けました。

道志の山のイメージがある大室山でしたが、加入道山を経て西丹沢へ戻る周遊ルートなら足慣らしにちょうど良さそうな感じです。

新松田の駅でも道中のバスでも良い天気でしたが、山の上だけは仲々雲が取れず。でも陽射しが遮られて涼しいのが幸いでした。犬越路まで来ると雲が上がり出して眼下に緑の山肌が広がりましたが、眺めが良かったのは此処だけ。大室山も加入道山も林の中の冴えない山頂でちょいと残念。

足慣らしにはちょうどいい感じでしたが、何かちょっと物足りない感じです。

8:40 西丹沢  9:00 用木沢出合 10:00 /10:15 犬越路  11:20/12:00大室山            分岐  12:50/12:55 加入道山  14:10用木沢出合  14:30 西丹沢


丹沢 葛葉川本谷 2019.06.02

 易しい沢が大好きな当家の山の神が、「暑くなって来たから沢へ行こう」と云い出して丹沢 葛葉川本谷へ出掛ける事になりました。

正直、奥多摩や丹沢の沢はあまり好みではありませんが、上越の沢はまだ雪に埋まっているし、仕方がありません。

秦野駅からバスに乗り、菩提原から歩いて小一時間。すっかり汗だくになりました。

葛葉の泉のほとりで支度して、遡行すること2時間で終了点。むしろ、そこから登山道にあがるまでが急登で大変でした。

 三ノ塔でひと休みのあとヤビツ峠へ下りました。2時51分発のバスに間に合わせるのに大急ぎ。これが第二の核心?でした。


丹沢 大倉尾根 2019.05.28

雨模様でしたが、昼過ぎまでは保ちそうとの予報でしたから、トレーニングに大倉尾根に出掛けました。

渋沢駅からバスに乗る頃までは薄日も射していたのに、大倉から歩き出して、堀山の家を過ぎたところで降り出してしまいました。やや大粒の雨に躊躇なく撤退。

大倉に降りて来た時は止んでいましたが、仕方ありません。

珍しく戸川公園で花見なぞして帰って来ました。


丹沢 表尾根 2019.05.05

 世間は連休終盤。こんな日に車で遠出をしたなら渋滞にハマりに行く様なもの。近場に電車で出掛けるのが良いですね。天気も良いので見晴らしのいい表尾根にしました。

秦野駅のバス停に行くと、ヤビツ峠行は長蛇の列。迷わず隣の蓑毛行の列に並びました。蓑毛から歩いても峠までは1時間弱です。但し、フリーパスなのでバス代の節約にはなりません。

ヤビツ峠は自転車が沢山。暖かくなって大勢出てきた様です。一休みして、ニノ塔、三ノ塔と進みます。三ノ塔の避難小屋は建替えられていました。年末から4月にかけて工事された様です。

割と人が多いかな、と思いながら行くと、行者岳の先、二つ目の鎖場の前で大渋滞が発生していました。こんな長蛇の列は初めてですが、仕方なく手前の頭で一休み。飲んだり食べたりする間に渋滞は減るどころか長くなる始末。休憩込みで4,50分待たされました。

この後は快適に歩いて13時半に塔ノ岳に到着。大勢の山頂で一休みして大倉に下山しました。帰りのバスも長蛇のおまけ付きでした。

【コースタイム】

9:25 蓑毛  10:15/10:25 ヤビツ峠  11:15 二ノ塔  11:30 三ノ塔  13:00 新大日茶屋  13:30/13:40 塔ノ岳  15:10 大倉


丹沢 塔ノ岳 2019.04.07

 前日の帰宅もやや遅かったので、今日も手軽な大倉尾根往復になってしまいました・・・。

大倉にバスが着くと戸川公園の桜も満開でした。

特に歩荷をかけている訳でもないので、さっさと歩くしかありませんが、花粉が怖くてマスクが外せません。マスクをしたまま歩く人は殆ど見かけませんが、他の人たちはどうしているのでしょう。

やがて到着した山頂は日曜と云う事もあって大賑わいでした。

人混みを避け、一休みして下山。一本松あたりのモミジも萌えだした若芽が大きくなりだしています。

今日の成績  登り2:20、下り1:20。


丹沢 小丸から塔ノ岳 2019.03.24

 

 日曜こそは谷川岳へと内心決めていたのですが、悪天をおして行く気にもなれず、結局、杉花粉の舞う丹沢へ行く事になってしまいました。毎度の大倉尾根では芸がないというので、鍋割山へ向かう途中の小丸尾根から上がる事に。大倉尾根は数えきれないほど歩いているのに、隣の小丸尾根は歩いた記憶がありません。ルートを塗りつぶす趣味もありませんがずいぶん迂闊だった様な気もします。

 林道を行くと二俣の少し先、尾根末端に小丸への登りを示す道標があります。最初は幾分急ですがやがて伐採用の重機道に合流して緩やかになります。重機道が終わるとまた急な登りになりますが大倉尾根のような階段は殆どありません。そのうち富士山も顔をのぞかせるようになると杉が少なくなり尾根が明るくなってきます。

 やがてたどり着いた小丸は海側が明るく開けて気持ちの良い場所です。これまで鍋割から塔ノ岳への途中で何度か歩いているのですが、縦走路からほんの少し離れていてこれまで気が付いていなかったようです。

 小丸からは金冷しを経て30分足らずで塔ノ岳山頂に到着します。風がやや冷たく澄んで八ヶ岳から南アルプスの山並みまで見渡せます。風をさけ関東平野を望む東面の隅に陣取ってお昼にしました。帰路はいつもの大倉尾根を下山。一本松のあたりではモミジの若葉が芽吹き出しほんの少し赤い色に染まった緑が萌え始めています。ずっとマスクをしていたおかげで、花粉の被害はかなり免れたようです。

 


丹沢 大山 2019.02.24

予定では表尾根を歩く予定でした。が、秦野駅のバス停に着いてみたらヤビツ峠行きのバスは出たばかり。次のヤビツ峠行きまで40分待つのも嫌で、蓑毛行きのバスに乗り、蓑毛から歩く事にしました。蓑毛からヤビツ峠まで1時間。やがて峠に着き一休みしているうち、ここから大山への間は歩いた事がない話をしたところ、あっけなく大山に向かう事になってしまいました。大山に登るのは20数年ぶりでもあります。

ヤビツ峠から大山まではほぼ一時間。山頂は大勢の人でおまけに泥々。さらには花粉のせいでくしゃみ、鼻水が止まりません。高曇りで少し肌寒い中、昼食にして下山。参道の土産物屋をのぞきながら、最近、観光めいた山歩きが増えた事に苦笑です。


丹沢 塔ノ岳 2019.02.14

  本日は大倉尾根にて歩荷トレーニング。とは言え弱々なので総重量は20kgほど。笑われそうな歩荷です。

最初のうちはまぁまぁのペースでしたが戸沢分岐あたりから失速。結局、登りは2時間40分かかりました。

尊仏小屋に水をおろして下りは小走り混じりで下山。1時間20分で大倉に下山しましたが、2分ほどの差で2時台最初のバスには間に合わず。

高曇りで日差しが少なく寒い日でした。山頂付近だけは前日の霧氷が残り、木々の枝を白く氷付けていました。丹沢でこんな光景に出会うのも少ないと思います。


丹沢 塔ノ岳 2019.01.29

 谷川あたりは吹雪になっているらしいので近場の大倉尾根トレーニングにしました。既に今年二回目。会社へ出掛ける時刻に家を出ても10時には歩き出す事ができます。

寒気が南下して寒いと云う予報でしたが大倉は暖かです。花立山荘の少しうえでフキノトウが顔を覗かせているのを見つけました。少し霞んでいたのが残念でしたが、山頂では富士山から南アルプスの山並みまで見渡せました。

上半身は日曜に買ったばかりのMAMMUTのプリマロフトのジャケット(と云うよりミッドレイヤー)1枚だけでしたが、汗をかいても冷たくなる事もなく快適。最初は快調に歩が進みましたが終盤ペースが落ちて登りは2時間08分でした。

下ってくると杉の木がややオレンジ色味を帯びているのを発見。もうすぐ花粉が舞いだします。

そう云えば、下りに観音茶屋の前に一輪の青い花がありました。調べてみたらツルニチニチソウ(蔓日々草)。3月頃から初夏に咲く花らしいです。大倉尾根はやっぱり暖かいのだなぁ。

 


丹沢 塔ノ岳 2019.01.17

 八ヶ岳から二週間、足もなまってきたので大倉尾根に出掛けました。スタートは10時半になってしまいましたが、今日は風も穏やかで暖かでした。それでも金冷しから上は火曜の雪が残っていますし、山頂の風は冷たいものです。雲が多く富士山は見えません。

昨晩の酒のせいか体が重かったのですが、登り2時間20分、下り1時間40分。

そういえば、一本松の縁台が3台とも無くなっていました。いい休み場だったのに残念です。


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM