<< 三ツ峠で人工登攀の訓練 | main | ボッカトレーニング >>

秋風に冬.装備の点検

 今日の日曜日はまたもや仕事。上期末の押込みで売上をあげるのだから面倒な事だ。天気も思わしくなかった事だからまぁ仕方ない。
 結局、この九月は3回しか山へ行けなかったが、過去の記録を見てみたら去年も一昨年も、それに一昨々年も九月の山行は3回。今年が少ない訳では無いのだが、月初も月末も仕事に喰われたのが気に入らない。まぁ明日から十月だし気分を変えて頑張ろう(何の根拠もないけれど)。
 
 さて十月となるとアルプスの山々は秋を過ぎて"冬"である。昨シーズンは結果的には暖冬で雪も少なかったが、十月には台風崩れの低気圧の影響で雪に見舞われるなどの遭難が相次いだ。南アルプス北岳あたりでも十月末には雪が凍り付いてアイスバーンになる。これからの季節は充分な備えを以って山に向う事が大切だ。

2006年10月の山岳気象遭難に関するコメントの引用
2006年10月の白馬岳遭難に関するコメントの引用

 こんな事を書きながら、自分の装備の古さに気付くのもお粗末だが、軽登山靴とカッパは早急に買い換える必要が生じている。どちらも12年もの、ビンテージの域に達しかけている代物なのだが、軽登山靴はゴアテックスのブーティに穴が開き防水もすっかり失われてしまっている。カッパもゴアテックスのメンブレンがあちこち剥がれたうえに撥水も無くなり合羽の機能を果たさなくなりつつある。
 最近、特にカッパなんかは様々なものがあって、はっきり言ってどれが良いのか判らない。防水透湿性素材と云えば以前はゴアテックスと相場が決まっていたように思うが、最近はダーミザクスとか、プロテインテックス、ディアプレックス、更になんとかカントカうにゃムニャむにゃ・・・・・。
防水性は勿論、透湿性能、更に価格、これらを天秤にかけて検討していると、そのうち面倒になってしまって、結局今日に至るまで買い換えず仕舞いになっているのだが、もうそろそろ年貢の納め時のようだ。
 命にゃ替えられないが、またもや物要りな事である。

スポンサーサイト

  • 2019.09.21 Saturday
  • -
  • 20:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
登山 靴
伊豆箱根鉄道(伊豆箱根鉄道株式会社)とは、その名登山靴とは、文字通り登山専用の靴。そのため、山では非常に具合がいいのですが、街中のアスファルト道路で...
  • 登山 靴
  • 2007/10/05 12:40 PM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM