阿弥陀岳北稜〜赤岳 2019.01.02

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 21:28

  新年の山始めは八ヶ岳に出掛けました。ここのところ恒例になっている阿弥陀岳北稜から中岳を廻って赤岳に至り、地蔵尾根を下ります。

 朝7時半、美濃戸の駐車場に到着すると、拍子抜けするほど空いていました。寒波予報のせいか、混雑を敬遠したか、はたまた冬山を登る登山者が減ったのか?。行者小屋にもテントは少ない様でした。下界は良い天気ですが、山上は雲がまとわり付いて中は吹雪に違いありません。やがてやや見通しが良くなって来たので予定通り阿弥陀北稜から登る事にしました。

雪が少ないかと思われましたが、心配する程の事もなくステップを刻んで行くと先行三人組に追いつきました。見るとシンガリはステップをしっかり決めないままジタバタ、ゼイゼイ云いながら登っているので、足をしっかり決めて登るようにと、お節介をやいて追い越しさせてもらいました。

阿弥陀の山頂は誰もなく、さっさと下って赤岳へ。中岳のコルから中岳山頂まではトレース無くややラッセル。中岳から文三郎尾根まではいつもの強風。赤岳直下の岩陰で休憩してから山頂へ。地蔵尾根を下降するうち雲があがって大同心、小同心も見えてきました。

行者小屋まで下って装備を外し下山。正月2日にしてはわりと静かな一日でした。

[コースタイム]

7:50 美濃戸 9:40/10:00 行者小屋 11:10 阿弥陀岳山頂 12:30 赤岳山頂 13:10/13:30 行者小屋 14:50 美濃戸

スポンサーサイト

  • 2020.07.05 Sunday
  • 21:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM