<< 芦安アイスクライミング2008.02.26 | main | 谷川岳一ノ倉沢 一・二ノ沢中間稜 2008.03.11 >>

八ヶ岳 小同心クラック 2008.03.02

 土曜の夜に都内を出発し、美濃戸口から先の林道では二度もスタックするアクシデントに見舞われながらも深夜1時頃に美濃戸に到着。4時間ほど仮眠して7時前には美濃戸を出発。貧乏暇なしとは云うものの、我ながら本当によくやるわ。
 美濃戸口から先の林道は、雪の状況が悪いと四駆でも圧雪からちょっと外した途端にスタックしてしまうのでチェーンを巻くなど対策が必要。甘く見ていたおかげで一時間近く浪費してしまった
 小同心クラック1ピッチ目をフォローするMory しかし今日の八ヶ岳は絶好のコンディション。ここ数日の好天で岩の雪も皆落ちてしまったようで、風が冷たいのは当然だが、岩場はまるで春の様な状況。雪蔵にとっては三度目の小同心クラックだが、こんな恵まれた状況は初めてである。一月の赤岳主稜も一緒だったTomyとMoryは実に運が良い。

小同心クラック2ピッチ目をリードする雪蔵 赤岳鉱泉へ到着するまでに一時間ほどロスする事態はあったものの、取付きには正午頃に到着。すぐ後に到着した二人組を先に行かせてから登攀開始。雪が皆落ちているお陰で残置のハーケンを探す手間も、雪を掻き落とす面倒もない。登攀開始から横岳山頂にはちょうど二時間で到着。実質的な登攀は2ピッチしかないが、まぁまぁのスピードで登れた。

登攀を終了した横岳山頂にて 横岳山頂からは地蔵尾根を経て行者小屋まで1時間10分。大休止の後、Tomyの先頭突っ走りに引っ張られて美濃戸までは1時間。「おいおい寝不足なんだからそんなに飛ばすなよ」・・・「早く家へ帰って寝ましょうよ」と言ったかどうかは定かではない。

スポンサーサイト

  • 2019.08.17 Saturday
  • -
  • 22:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
早!
もうアップしてる!
前回の主稜と比べて本当に登りやすくてラッキーでした!
天候も風も安定してたし。
問題は私の歩きが遅いこと。
がんばりまーす。
  • Mory
  • 2008/03/03 7:12 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM