<< 甲府幕岩 2008.06.15 | main | 甲府幕岩 2008.07.06 >>

八ヶ岳 2008.06.24

 先月21日にマチガ沢を登ってからこのひと月、歩く方がご無沙汰だったので八ヶ岳へ出掛けた。昨年も6月13日に登ったが、この時期の八ヶ岳は高山植物が咲き出す季節でもある。運良く好天に恵まれ、たくさんの花にもお目にかかる事ができた。
上/赤岳 下/阿弥陀岳 昨晩の帰宅が夜10時過ぎで自宅を出発したのは23時半。美濃戸口に着いたのは2時半。すぐ車中で仮眠したが朝6時には他の車に起こされてしまった。美濃戸へ移動して出発したのは7時半。南沢登山道から行者小屋を経て阿弥陀岳へ上がり、硫黄岳まで歩いて赤岩ノ頭から赤岳鉱泉に降りて北沢登山道を美濃戸へ戻る南八ヶ岳環状ルート。
 沢筋には雪も残っているが、すっかり初夏の気配の山並は、わずか三ヶ月前の雪景色とは違って緑の息吹に包まれている。

八ヶ岳の花々
 阿弥陀岳から中岳の小さなピークを越えて赤岳にかかると南斜面に花が現れ始める。キバナシャクナゲが登山道を縁どり、ハクサンイチゲ、イワカガミ、イワウメは云うに及ばず、オヤマノエンドウ、ツクモグサも咲いている。未だ花は咲いていないが、ミヤマダイコンソウ、イワベンケイ、ウルップソウもあった。ウルップソウは本州では白馬と八ヶ岳にしかないと云われている(ずいぶん以前、6月に北岳へ行った時、肩ノ小屋のテン場の隅にキタダケソウとウルップソウが一株ずつ植えられているのを見た事があるが・・・)。
 しかし、花に見とれるのも良いが、横岳周辺は一般登山道としては険しい部分も多い。今日も横岳山頂付近で花の写真を撮影中に足を踏み外したらしいと云う転落事故があって、目の前で防災ヘリにピックアップされて行った。大事ない事を祈るばかりだが、楽しい山歩きが一転して災いにならぬ様留意したいものである。

7:30 美濃戸 8:45/8:50 行者小屋 9:35/9:40 阿弥陀岳 10:40/11:00 赤岳
12:00/12:40 横岳 13:05/13:20 硫黄岳 14:00/14:20 赤岳鉱泉 15:15 美濃戸

スポンサーサイト

  • 2019.08.17 Saturday
  • -
  • 22:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
白根三山へのお誘い
ブログ拝見思しました。大変参考になりました。 またおじゃまします
  • 碧ツーリスト添乗員の添乗日誌
  • 2008/06/30 5:15 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM